鳥撮り&虜Ⅱ

  ワクワクして野鳥に会いに行きます。 野鳥のいる自然をいつまでも残したいと願っています。

巣立ち雛に会えました

2017年06月19日 (月) 17:00:00
6/15のM川堰からです。
午前の速めに行ったのだが、何のためか堰が倒されていてビックリ。
初めの2時間程は出が無かった。(魚が流れてしまったからか、下流には居たというはなし)

最初の出は2羽の追いかけでした。
興奮して近止り木に来たここのオス、2連続。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO400
CZ7A3945_1706-s.jpg
CZ7A3948_1706-s.jpg
メスも来ていた。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A4020_1706-s.jpg

オスのステージへの登場です。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO500
CZ7A3969_1706-s.jpg
対岸壁近くにダイブ。(遠すぎます)
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A4061_1706-s.jpg
お魚ゲット、3連続。
CZ7A4084_1706-s.jpg
CZ7A4085_1706-s.jpg
CZ7A4112_1706-s.jpg
早速雛に運び出し、2連続。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2500sec F4.0 ISO640
CZ7A4119_1706-s.jpg
CZ7A4126_1706-s.jpg

雛が近くまで来ていました。(今期初見、3羽が川に来ているようだ)
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO400
CZ7A4222_1706-s.jpg
オス親から給餌。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1250sec F4.0 ISO400
CZ7A4250_1706-s.jpg
雛はさらに近くの杭に。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO400
CZ7A4364_1706-s.jpg
雛の飛び出し、2連写。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO320
CZ7A4377_1706-s.jpg
CZ7A4378_1706-s.jpg

続く。


カワセミ | TB(-) | CM(-) |

続・428では遠すぎる

2017年06月17日 (土) 17:00:00
↓の続編です。
期待のダイブは2回程あったがどちらもイマイチの撮影結果だった。

CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3667_1706-s.jpg

CZ7A3714_1706-s.jpg

メスが止まり木に来て、
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3747_1706-s.jpg
ダイブした。(想定場所と違ったし速ぇ~!)
CZ7A3761_1706-s.jpg

CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO640
CZ7A3784_1706-s.jpg
最後にオスがスーパーダイブを見せてくれた、2連続。
(肝心な水からの上がりが上手く撮れなかった)
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3887_1706-s.jpg
CZ7A3917_1706-s.jpg


未分類 | TB(-) | CM(-) |

428では遠すぎる

2017年06月16日 (金) 17:00:00
6/12、この日もM川堰からです。
オスの飛び込み先は以前と違って一番遠いところの対岸壁近くの水路ばかりで428では遠すぎる。
魚の居場所が変わった?。
でも空振りが多かった。
2連写。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3631_1706-s.jpg
CZ7A3632_1706-s.jpg
3連続。
CZ7A3647_1706-s.jpg
CZ7A3651_1706-s.jpg
CZ7A3652_1706-s.jpg
やっと獲れた、7連続。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO640
CZ7A3681_1706-s.jpg
CZ7A3682_1706-s.jpg
CZ7A3683_1706-s.jpg
CZ7A3684_1706-s.jpg
CZ7A3685_1706-s.jpg
CZ7A3686_1706-s.jpg
CZ7A3692_1706-s.jpg
遠くてカワセミが小さいので得意の?大トリで。

続く。


カワセミ | TB(-) | CM(-) |

続・一脚で

2017年06月14日 (水) 17:00:00
↓の続編です。
一脚+428での撮影は水道橋からのダイブに移動を速くするためとスーパーダイブ(後説明)のためだったが
水道橋からのダイブは一度も撮れなかった。

CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO500
CZ7A3322_1706-s.jpg
小エビを獲ったようだ。
CZ7A3431_1706-s.jpg

対岸の壁から一気にこちら側すぐ近く(目測60m位?)ダイブした。
これがスーパーダイブ、2連続。(振りが大きく近い、速い動きでプレてしまった)
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3448_1706-s.jpg
CZ7A3459_1706-s.jpg
野生の能力の凄さに驚かされる。

鉄片からの、
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO500
CZ7A3483_1706-s.jpg
ダイブ、3連続。
CZ7A3495_1706-s.jpg
CZ7A3508_1706-s.jpg
CZ7A3509_1706-s.jpg
ダイブ、4連続。
CZ7A3562_1706-s.jpg
CZ7A3581_1706-s.jpg
CZ7A3584_1706-s.jpg
CZ7A3590_1706-s.jpg

対岸壁近くは428では遠すぎる。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3598_1706-s-s.jpg


カワセミ | TB(-) | CM(-) |

一脚で

2017年06月13日 (火) 17:00:00
6/10のM川堰からです。
この日は朝方順光のいつもの反対側からの狙いと水道橋からのダイブへの移動を速くするため
一脚(428)で臨んでみました。
朝の順光側からは撮りにくく、カワセミも嫌がるようなのでやめた方がよさそう。

朝、杭へ留まったのだけ撮れた。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO320
CZ7A3096_1706-s.jpg

正位置?側から撮れたホバ、2連続。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3180_1706-s.jpg
CZ7A3184_1706-s.jpg
いい所へのダイブだったが魚無し、3連続。
CZ7A3194_1706-s.jpg
CZ7A3195_1706-s.jpg
CZ7A3197_1706-s.jpg

メスが留まり木まで来てくれた。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3232_1706-s.jpg
が、何もしないで飛び去った。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/2000sec F4.0 ISO500
CZ7A3237_1706-s.jpg
対岸壁近くへのダイブ。(428では遠すぎる)
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO640
CZ7A3254_1706-s.jpg

やっと魚付きが撮れた、3連続。
CANON 7D2 + EF400mm F2.8L IS II USM 1/1600sec F4.0 ISO500
CZ7A3266_1706-s.jpg
CZ7A3278_1706-s.jpg
CZ7A3279_1706-s.jpg
午前から昼の時間はカワセミの顔が暗くなり目が出ない。

続く。


カワセミ | TB(-) | CM(-) |

BACK / HOME / NEXT

copyright © 2017 鳥撮り&虜Ⅱ. All Rights Reserved.
  

photo / Template by odaikomachi